日蓮正宗美畑山清涼寺 千葉の清涼寺 法華講ホームページ 千葉県千葉市花見川区畑町

日蓮正宗美畑山清涼寺は、千葉県千葉市花見川区にある日蓮正宗の寺院です

〒262-0018 千葉県千葉市花見川区畑町2010番地 Tel.043-273-3987
発心杖

発心杖

一人で悩みを抱えていませんか?

人間関係、家庭問題、子育て等の事で、誰にも打ち明けられずに、一人で思い悩んでいませんか?

一人で思い悩み、不安を抱え込まずに、勇気をもって僧侶に相談してみませんか?

● 寺院に関する事柄(葬儀、法事、先祖供養等)についても、ご相談をお受けします。
● 些細なことでも、お気楽にお尋ねください。費用は一切かかりません。

悩みのない人は誰一人としていません

〒262-0018
千葉県千葉市花見川区畑町2010番地
日蓮正宗 美畑山 清涼寺
Tel.043-273-3987

※ 総本山は「大石寺」です。
  本宗は、「富士大石寺顕正会」「創価学会」とは一切関係ありません。

日蓮正宗公式サイト: http://www.nichirenshoshu.or.jp/

 

 

清涼寺本堂の沿革

昭和32年(1957年) に此の地に在った「一軒の大きな農家」を東京・池袋の常在寺の「千葉出張所」として開所したのが始まりとなっております。
その農家の大黒柱が、御寺の受付の右側にある「穴が刻まれている太い欅の柱」がそれであります。

その後昭和34年(1959年)に、清涼寺としての寺号がやっと公称になり、初代住職・菅野慈雲(後に常観院)御尊師が…、そして二代目・細井珪道御尊師の時、昭和57年(1982年)に、この本堂の瓦屋根が銅板葺になったという記録がありました。

この本堂、この地に立つ前は東京・墨田区向島の常泉寺の本堂でした。 江戸で一番力のあった常泉寺、戊辰戦争の時に火災を免れましたが、その後の関東大震災で東京・下町の建物の多くが壊滅状態になり、常泉寺も同様に倒壊しました。
それにより昭和の初め、今日、清涼寺の本堂となっておりますが、これが常泉寺の本堂として建ちまして、当時建てられた御方が、今の御隠尊日顕上人のお父上の日開上人の時代に建てられたと伺っております。
非常に資材のない時代でしたので、この建物自体の木材・資材などは「そんなに良い資材じゃないよ」という話を伺った事があります。

その後の太平洋戦争の時の東京大空襲。この時も常泉寺は火災を免れました。
深川、本所など隅田川の東側の建物の多くが焼焼失しましたが、常泉寺はこれも免れました。
しかし、その時にかなり屋根も傷んだので、その屋根の修復も兼ね、その当時、常泉寺の執事として本行寺の住職を務めておられた御方が、今日の御隠尊日顕上人様で、まだ二十三歳頃だったそうです。
その当時の御住職から「何とかこの屋根を直したいんだが」と相談された時、戦争でもって多くの常泉寺の法華講員さんが散り散りになっていた事もあって御隠尊日顕上人は自転車で東京都内を駆けずり回り、何とか百円程を皆さんからの御供養として預かり、屋根瓦を設える事が出来、 それがそのまま清涼寺の本堂瓦として使われていたのが、昭和57年(1982年)に銅板葺に替えられたのであります。

人として生まれて来て「転重軽受の法門」

 法華経の結経・観普賢経の「若し懺悔せんと欲せば、端坐して実相を思え」の前には「一切の業障海は、皆 妄想より生ず」と…。即ち一切の宿業、罪障、自分の過去世から持ってきた処の罪業・罪障、そういうものは海のように多量と説かれております。

 しかし、今世で己の宿業を打開できるとなると、本当にこれは有難いものです。 我々は過去遠々劫から、様々な境界・様々な人生で生まれては死に、また生まれては死にして、今日人として生まれて来ているものです。

 人それぞれ皆違った境涯を歩いております。一人として同じ人はいません。 皆それぞれに過去の人生が体に付けられていて、「私は人間に生まれて何回生」とか「今回初めて人間に生まれました」とか「いや、何度も人間に生まれ正法を護持しています」とか、そういうのが判れば、生きていく上で謙虚になり、反省も出来でしょうが、そうはいかない。

 生まれた途端、無意識の中で現世初めて生まれたとの思いから、それぞれが気ままに生きています。 処がそうじゃない。過去から何度も何度も生まれてきては、場合によっては、正法に巡り合える人もいるだろうし、場合によっては、罪障を作って長い間 三悪道に堕ちて、やっと今回「また人として生まれて来た」という事もあり得るかもしれない…。 そういう人は、まだ過去の謗法の罪が、習気・罪障として残っているとも説かれています。 それを今世でもって、正しい仏法の修行をする事によって、軽く受けていると…。

 涅槃経の「転重軽受の法門」には、本来重く受けるべきなのに、この妙法の経力によって軽く受ける事となると説かれています。

 従いまして、今日我々が正法弘通の為に常々唱題を重ねている事は、自身の罪障消滅・家内安全は元より、自他共に安穏なる国家社会を願う処にあります。 その為にも唱題をもって、その喜びと功徳を感じて頂きたいものであります。

 本来自身の生命に宿業として具わっているものが今、出ているだけですから、出てくるものに対して何だかんだ…と。 「あの人の所為で…、私は悪くない」等と。そうでないんです。 すべて自身の生命に宿っている・具わっているものが、今、妙法護持の功徳力によって、今世で軽く現れているものであります。 自分自身が持っているものが今、出て来ているのです。 今世に出たのであれば、よしこれはチャンスだと、歓喜をもって唱題をして、その歓びで折伏をして、自らの宿業を打開していこうと…、その唱題が大事なんです。 どうかそういう中で、決して今自分の起きている色んな問題に対して、何も悔やむ必要はない。

 でもって「よし宿業を打開できるぞ!」という強い生命力を涌出させる為にも、歓喜ある唱題・折伏に頑張って、宿業を打開して頂きたいと思います。

<御住職御指導より 2014年9月7日 清涼寺にて>

《お会式》について

《お会式》とは、宗祖日蓮大聖人様が、弘安5年(1282年)10月13日に御入滅され、滅不滅・三世常住の御姿を示されたことを「御祝いする儀式」で、末寺における年中行事の中で、一番大切な行事であります。

 一般世間において《お会式》といえば、大聖人様の御命日の法要と考えておりますが、日蓮大聖人様を、末法有縁の『下種の御本佛』と仰ぐ日蓮正宗においては、その御入滅は、御本佛の生命として、永遠の生命の中で、真実には『常住此説法の大導師』におわしまし、末法万年にわたり常に此処に住せられ、末法万年の闇を照らし、濁悪の衆生を救済し給うところの『非滅の滅』の御境涯にあると拝するのであります。

 故に《お会式》は、日蓮大聖人様の『永遠不滅の御本佛』としての、生命の御境涯を拝するところの「お喜びの儀式」なのであります。
これ等の意義を略記しますと、
一、久遠以来常住の御本佛の『非滅現滅・非生現生の不可思議なおいのち』を拝す。
一、御本佛は過去現在未来の三世にわたり『法報応の三身、常住なる処の生命』と拝す。
一、大聖人御入滅後の弟子信徒の在り方として、大聖人御一代御化導の上から、儀式の中、立正安国論並びに申状を奉読し、『大聖人の折伏の佛法』なる事を示す儀式と拝す。
 以上、茲に《お会式》についての意義を略記いたしました。

 次に《お会式》を迎えるに当たり、過去の先輩達の信心の一例を御紹介致します。
昔、讃岐(現在の香川県)に秋山泰忠公と云う、強信な豪族がおられました。
この秋山泰忠公は、日蓮正宗の第二祖・日興上人の教化により、信仰を貫かれた御方であり、讃岐の高瀬一郷の一族を、あまねく純粋な信心を勧める為に百方努力を惜しまず、今日の讃岐本門寺の磐石な基礎を築かれた殿様であります。

 この秋山泰忠公の訓戒(富士宗学要宗=八巻・124頁)に
 『十月十三日《お会式》の御事は泰忠が跡を知行せんずる男子・女子・孫・彦に至るまで、忠(義)をいたし申しすべきなり。 (中略)内々は、兄弟といひ、又は伯叔父の中、従兄弟の中にも恨むことありとも、十三日《お会式》には、相い互いに、心を一つにして、御佛大聖人を、泰忠が仰ぎ申すごとくに、十五日まで皆々一所にて御勤め申しべく候(中略)内々は、如何なる遺恨ありと云うとも、十月十三日《お会式》には、いささかも、本意なき事をば思い捨てて祀り申すべきなり。』

 『もし、此の状を背いて違乱を致さんずる子供は、御佛大聖人・十羅刹・八幡大菩薩の御罰を被るのみならず、泰忠が為には永く不幸の者なり、譲る所をば、一分なりとも知行すべからず』
と、このように一族にあって《お会式》の意識のない者は、佛の守護なきは元より、一族としての立場が無くなる旨を訓戒として遺され、ここに秋山家の繁栄・永続を磐石なものとし、さらに信仰の基盤たる菩提寺・本門寺の興隆を計られたのであります。

 今我々法華講員は、この秋山泰忠公の法統相続に対する強い信仰心を鑑とし、更に寺檀和合して寺運興隆を果たされた真の信心の姿を見習い、来る《お会式》には、何が何でも《お会式》第一と考え、正しい信心の姿勢をもって一家全員が参詣して御本尊様へ常日頃の御加護に対して御報恩感謝申しあげ、今後の生活に於いての無事安穏を御祈念し、我が家の法統相続・正法弘通へ精進すべく意義深き《お会式》として戴くことを、茲に御案内致します。

日蓮正宗 信仰のすすめ

 「信仰」というと、なにか堅苦しいイメージをいだいてしまうかもしれませんね・・・。
でも信仰とは私たちの人生を送るうえで、欠かすことのできないものなのです。

 お釈迦さまは今からおよそ3000年前にたくさんの教えを説かれました。その教えというものは、私たちの現実世界からかけ離れた遠いところにあるというわけではなく、実は私たちの身近なところにあって、私たちがどう生きていけば本当の幸せを掴んでいくことができるか、などの答えを教えてくれたものなのです。

 もし、あなたが少しでもその教えに興味を持ち、自らの力で本当の幸せを掴んでいこうと望むならば、日蓮正宗の信仰の話に耳をかたむけてみてはいかがでしょうか・・・?。